基本的な情報を紹介

医者と看護師

準備すべきことやメリットについて

二重の整形手術を受けるとき、事前に準備しておきたいこととしては、「ある程度の基礎知識を身につけておく」ということがまず挙げられます。種類としてはメスを使う切開法と、メスを使わずに医療用の糸を使う埋没法の2つがあるため、それらの施術方法や費用などについてネットなどで調べておくとよいでしょう。そうすれば、自分の希望により合った方法がどちらかということが分かりますし、施術前のカウンセリングもスムーズに進めることができます。次に準備しておきたいのは、施術当日に向けて「体やまぶたがむくまないようにする」ということです。まぶたがむくんだ状態だと、施術自体がやりにくくなることがありますし、術後も腫れやすいと言われています。ですので施術の前日は、むくみの原因になりやすい飲酒や塩分の摂りすぎに注意するなどして、良い体調を維持できるように心がけましょう。そして術後はダウンタイムがあり、3日〜1週間以上はアイメイクができない状態になるため、「ダウンタイムも考慮」したうえで施術のスケジュールを決める必要があります。申し込み方法については、クリニックが開設しているホームページ上や電話などで行うことができます。そして施術内容や費用などに関して疑問点があれば、申し込みをする前に問い合わせをしておくとよいでしょう。さらに施術を行う際は、事前にカウンセリングが行われるため、そのときに二重整形についての質問をすることもできます。また、カウンセリングを受けたからといって必ず施術をしなければならないわけではないので、希望に合わないと判断できる場合はその場で断ることも可能です。

二重整形で最近特に注目されているのは、気軽にできるプチ整形としても知られている、埋没法と呼ばれる方法です。なぜ埋没法が注目されているのかというと、「メスを使わずにできる」ということや、「費用が安く済む」ということがその理由として挙げられるでしょう。整形手術というと、メスで切るというイメージがあり、そのことが心理的なハードルになっている場合もあります。しかし埋没法は、医療用の糸をまぶたに通すことで二重を作るという方法なので、メスで切ることはありません。そのため実際に体への負担も少なく、ダウンタイムも短くて済むので、その手軽さが人気になっているのです。しかも埋没法は、費用が比較的安く済むという点でも魅力があり、金銭的なハードルも低くなっています。本格的な施術方法である切開法は30万円程度かかるのが相場ですが、埋没法の場合はその半額かそれ以下の費用で済ませることが可能です。そもそも整形手術というのは、基本的に保険が適用されないため費用が高額になりがちなのですが、埋没法であれば比較的手ごろな費用で受けることができます。ですので埋没法は、特に初心者に人気がありますし、お試しでやってみたいという場合にピッタリだと言えるでしょう。しかしメスを使う切開法にももちろんメリットがあり、「半永久的に二重の状態を維持したい」という場合に向いています。ですので初心者はまず埋没法を試してみて、さらに本格的なものを望む場合に切開法を受けるといったように、段階を踏みながら試していくとよいと言えるでしょう。

Copyright© 2019 どんなメリットがあるのかということや、悩みごとに向いている施術方法について紹介 All Rights Reserved.